「大切な言葉」などが掘り込まれているハワイアンジュエリー。 ハワイでは、ハワイアンジュエリーは「家宝」と言う意味もあり、各家庭で愛され続けております。 黒のエナメルで文字を入れている14金タイプ、またはエナメルは使用せず字を浮き彫りにしたタイプは、伝統的なハワイアンジュエリーです。あなたもハワイアンジュエリーを大切なあの人へ贈ったり、自分へのプレゼントとして手にしてみてはいかがでしょう。

ハワイアンジュエリーのモチーフ②

ホヌ(海がめ)

海がめは、ハワイ語で「Honu」と言います。海がめがサメから守ってくれると言うことが伝えられており、サーファーからはもちろん、一般的にも「海の守り神」と言われております。ハワイの人達は海がめが泳いでいてもそっと見守るほど格式が高いとされており、ハワイの人々は、このモチーフのハワイアンジュエリーを「危険や幸いから守ってくれる」として身に着けている人が多いようです。

マイレ

ハワイでは、マイレの葉はとても神聖なものとされており、そのこともあり、結婚式では新郎新婦の手をマイレのレイで結び=神聖の結びつきや縁結びとして表現されています。また、このマイレの葉は、香りがよく、とてもキレイな葉です。

フィッシュフック(釣針)

海に恵まれているハワイでは、魚のフィッシュフック(釣針)が貴重なものでした。また、アワビやムール貝、鯨などの大きな魚の骨で質の良いフィッシュフック(釣針)が作られていました。
この質のよいフィッシュフック(釣針)は何度も使用可能なので、繁栄のお守りとして、また釣針で幸福を釣るということから幸福なモチーフとして親しまれています。
今でもこのフィッシュフック(釣針)は海の男の象徴とお守りとして有名です。

以上、上記のような意味があったこと知ってましたか?これを知るとどんなものがいいか等選びやすくなるはずです。
また、あなたはどのモチーフが気に入りましたか?
私はホヌ(海がめ)の意味を知ってから、ピアスやリング、カバン等の小物には海がめのものがいっぱいあります。

Valuable information

おすすめ声優養成所と声優のお仕事

Last update:2017/12/14


(C) ハワイアンジュエリーinfo AllrightReserved.