「大切な言葉」などが掘り込まれているハワイアンジュエリー。 ハワイでは、ハワイアンジュエリーは「家宝」と言う意味もあり、各家庭で愛され続けております。 黒のエナメルで文字を入れている14金タイプ、またはエナメルは使用せず字を浮き彫りにしたタイプは、伝統的なハワイアンジュエリーです。あなたもハワイアンジュエリーを大切なあの人へ贈ったり、自分へのプレゼントとして手にしてみてはいかがでしょう。

オーダーメイドの流れ

オーダーメイドをする際にSTEPをご紹介します。
これはあくまで、私が注文した時の流れですので、参考にしてください。

リング編

リングをオーダーメイドする際には、種類、素材、幅、モチーフを選択していきます。

STEP1:種類を線選択

指輪の種類をえらびます。 丸みが帯びているタイプ、カットラインが彫り合わさっている、2つの素材が重なり合っている、シンプルな素材など、まずは指輪の形を選びます。

STEP2:リングの素材

ハワイアンジュエリーは14金です。色は3種類からセレクトできるようになってます。
イエローゴールド14金、ピンクゴールド14金、ホワイトゴールド14金。 それぞれの好みで選びましょう。

STEP3:リングの幅

リングの幅は、10mmまでの幅が作れるようです。 4mm、6mm、8mm、10mm。 私は、日常身につけるものだったので、4mmにしました。とっても細かく彫られていてきれいに仕上がっていますよ。

STEP4:モチーフ

モチーフには、プルメリア、マイレ、ホヌ、ハイビスカスなど数種類がありました。 ここでは、マイレとプルメリアのモチーフを選択して、ダイヤを入れることもできたので、小さなダイヤを入れてもらいました。

STEP5:製作・加工

打ち合わせをして、ハワイの工場で製作、加工されました。代々受け継がれている伝統の工房で、一つ一つ手作りで作ってくれます。

STEP6:完成

ついに完成して届きました。日数は60日程かかり、待っている間、まだかまだかと連絡を待ち続けてました。 私だけのオリジナルリングができあがり、とても満足です。

感想

素材や種類などを選んでいく上で、私の場合はモチーフの選択に時間かかってしまいました。どれにしようか、どれをくみあわせようか、どんなデザインにしていくなど、確か1週間ほど迷いに迷って決めました。
その時間もあったせいか、とても愛着が湧いているハワイアンジュエリーです。

おすすめWEBサイト 5選

会員証 作成
http://www.idcard.jp/card_ordermade.html

2017/6/15 更新


(C) ハワイアンジュエリーinfo AllrightReserved.